J検とITパスポートどっちがいいのか?

ども、Yana氏です。

今日は、J検とITパスポートどっちがいいのか?について、書きたいと思います。

ちなみに、私はITパスポートと基本情報技術者を所持しております。(J検は、受けてません。詳細は後述。)

※個人的見解なので、あくまで参考程度にしておいてください。

J検(情報検定)とは?

J検とは、情報検定(民間資格)の事で、主に

  • 情報システム試験(基本スキル, プログラミングスキル, システムデザインスキル)
  • 情報活用試験(1級, 2級, 3級)
  • 情報デザイン試験(上級, 初級)

があります。

受験方式は、CBT受験とペーパー受験方式があります。

情報システム試験が、技術者寄りの内容になっていて、試験範囲はITパスポートとほぼ同じと言っていいでしょう。

情報システム試験は、100点満点中65点以上で合格です。

J検公式サイト↓

http://jken.sgec.or.jp/index.html

 

ITパスポートとは?

ITパスポート(IP)は、IPA(情報処理推進機構)が主催している試験で、国家資格です。
問題数は100問、1問10点で1000満点中600点以上で合格です。

公式サイト↓

https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html

 

結局、どっち受ければいいの?

個人的には、ITパスポートの受験をオススメします。

理由としては、

  1. J検は民間資格であるのに対し、ITパスポートは国家資格だから。
  2. J検は長文の選択問題であるのに対し、ITパスポートは短文の4択問題。
  3. ITパスポートの合格率は50%で受かりやすい。
  4. 基本情報技術者(FE)も視野に入れてるなら、ITパスポート取った方がいい。
  5. ITパスポートは、いつでも、何回も挑戦できる。

要するに、

「まぁ、民間資格取るより、国家資格取った方がいいよね。」
「今後、たくさんの情報系の資格(基本情報, 応用情報, 高度情報)取るなら、ITパスポートから入った方がいいよね。」

という事です。

はっきり言って、ITパスポートは、普通に勉強してれば、受かる試験です。(600点は確実に取れるという意味で)
なので、正々堂々、受けるといいでしょう。

 

情報系の資格では、どちらも役に立たない。

J検とITパスポートについて、いっぱい書いてきましたが、資格としては、どちらも弱いです。
やはり、基本情報技術者は、最低でも取った方がいいみたいです。

となると、前哨戦として考えたら、ITパスポートを取得した方が色々メリットがあると思います。
気になる人は、是非、受験を考えてみてはいかがでしょうか?